くるみについて
トップ > くるみについて〜当治療室の考え方 > 施療内容 > 鍼灸

* トップ
* 施療のご案内
* 初めての方へ
* くるみについて
* 本治と標治
* 診断法・アプローチ法(施療法)
* 施療内容
* スタッフ紹介
* 東洋医学の考え方
* セラピーのこといろいろ
*

* 院長ブログ
* リンク
* サイトマップ
* ぎゃらりースペース

開室日カレンダー


Main Content
| 鍼灸 | オステオパシー | AK(アプライドキネシオロジー) | セルフ・トリートメント | アロマトリートメント |

鍼灸

1)

五臓六腑のバランスや働きを健康に保ち、治癒力を高めます。

五臓六腑

↑

 

五臓六腑の働きを保つためには…

 

 

気、血、津液の過不足、停滞などを調整し、バランスの良い状態に導きます。


↑

 

気、血、津液の流れを調節するには…

 

 

経絡が通っている部分の肌の状態、ツボ(経穴)の状態を観察します。 
ツボの特性とツボに出ている反応を照らし合わせてツボを選び、鍼や灸をします。

手の太陰肺経
足の太陰脾経


2)

温熱や鍼の刺激により体液(血液やリンパ液)の循環を良くすることで、発痛物質の排除を促し痛みを軽減させます。


3)

体表を刺激することにより、内臓反射や自律神経反射を引き起こし、機能を活性化させます。


※これは、鍼灸治療の一例です。この他にもさまざまな鍼灸治療の方法があります。

※『東洋医学の考え方』とあわせてご覧ください。


↑ *



| プライバシーポリシー | Copyright 2010 治療室くるみ All Rights Reserved.